都市標本図鑑 - 出展写真(44〜55)

a0186647_11351082.jpg
044.北海道小樽市(2016/7)

a0186647_11351067.jpg
045.青森県五所川原市(2015/11)

a0186647_11351070.jpg
046.青森県五所川原市(2015/11)

a0186647_11351178.jpg
047.青森県五所川原市(2015/11)

a0186647_11351158.jpg
048.北海道小樽市(2016/9)

a0186647_11351125.jpg
049.北海道小樽市(2016/9)

a0186647_11351275.jpg
050.青森県北津軽郡板柳町(2016/2)

a0186647_11351205.jpg
051.青森県北津軽郡板柳町(2016/2)

a0186647_11351291.jpg
052.青森県北津軽郡板柳町(2016/2)

a0186647_11351307.jpg
053.青森県北津軽郡板柳町(2016/2)

a0186647_11353821.jpg
054.青森県弘前市(2016/2)

a0186647_11353971.jpg
055.北海道小樽市(2014/11)


カテゴリ2はここまで。こうして見返してみると,特定の時期に撮影したものに集中しているなぁ。
セレクトしている時は全く余裕がなかったのだけど,もっと他の地域を出せばよかったと思うわけで…。
空知(滝川・深川・美唄),胆振(室蘭・苫小牧・平取・鵡川)の他,旭川や名寄など上川も撮ってるしなぁ。
まぁ,それはもし…もし都市標本図鑑の第二弾があるのだとしたら,その時の楽しみにしとくとしよう。

ちなみに046の腕木式信号機は,出展メンバーの上田純也さんに教えてもらって見に行った場所。
夕暮れの空と絡めたかったのだけど,残念ながらこの日は曇っていて思い通りにはならかなった。
それでもこの侘しさがよかったなぁ。

050のたい焼き屋は一風変わった具を提供してくれる。7つのメニューのうちでオススメは「肉たい」。
ひき肉とみじん切りにした玉ねぎを炒めたものが入っている(人はそれを肉まんと言う。)。
とにかくたい焼きが大きいので,1つ食べたらお腹いっぱいになるので注意しよう。
ただ,お店のお母さんが体調不良で休業中と聞いている。2017年4月に行ったらシャッターが閉まっていた。大丈夫かな…。

また,053の竹浪酒造店は津軽でもっとも古い酒蔵であり,創業は正保年間と伝え聞く。
http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/iwakimasamune.html
どうやら試飲ができるようなので…次回は…ふふ。

青森県はどこに行っても人も街も食べ物もよいが,自分が特に好きなのは板柳かな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Rufard | 2018-01-25 19:00 | 写真展 | Comments(0)