正月帰省13・花園その9(2018/1/1)

a0186647_22535158.jpg

a0186647_22535193.jpg

a0186647_22535155.jpg

a0186647_22535226.jpg

a0186647_22541579.jpg

a0186647_09574079.jpg

a0186647_22535255.jpg
帰省初日に小樽で収集した標本はこれで終了。
XF10-24/4Rを使った感想は,とにかく導入してよかった。
視野を越える広さの画を容易に得られるので,狭い路地でも撮りたい建物を意図したとおりに収集できる。
また,換算35mmまで使えるのも大きく,町を歩く上ではこの上ない1本なのではないかと思う。
これに予備としてXF18-55/2.8-4Rを携帯していたが,自分のスタイルではそれで十分である。
気をつけるべきは,視野を越えるインパクトを持つ超広角ゆえ,それ頼りがちになってしまうことか。
超広角を使いすぎない程度に付き合ってみるとしよう。
とにかく,マチアルキニストなXユーザーは必携の一本だと思う。

撮影日:2018/1/1(小樽市花園)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Rufard | 2018-01-16 19:00 | 小樽 | Comments(0)