そらちグルメフォンド(3) 前日受付と不信と当日スタート~第1エイドまで

【前日受付】
そらちGF公式サイトには「当日受付は各開会式の1時間前とし、後列スタート」とある。
つまり原則は前日に受付を済ませ、当日は出走待ちしなさいよということだ。
自分は相方を引き連れての参戦だし、なるべく後列でゆっくりと走ることを考えていたのだが、
参加人数が増えたことで駐車場が混雑するだろうと、会場の下見を兼ねて前日受付へ行った。

受付開始は11時からである。
9時過ぎに自宅を出て、11時半頃に本会場である美唄の東明公園に到着する。
a0186647_10305205.jpg
会場の設営が進む中、受付らしきテントにて事前に届いていたハガキを見せる。
最初に「何かあっても損害賠償請求しないことを誓いまっせ」的な誓約書を読まされ、承諾し、
署名し終わると当日のプログラム?が書かれたパンフとヘルメットに貼るシールを渡される。
受付は以上。

……え?これで終わり……?
事前の注意事項や、変更点の説明とかは特にないの?どうやら、特にないらしい。
……何だか凄くあっけないような気もするけれど、こんなもんなのかな。
ちらりと受付の机を見たが、ヘルメットに貼るシールは30㎞・100㎞・160㎞でそれぞれ色が
別に用意されているようだ。100km参加者のシールは緑である。
しかし、シールそのものに番号は振られていない。参加者は一律同じ色のシールを使うらしい。
……えーと、受付順のスタートではないってことだね?
当日受付は後列スタートとあるけど、どうやって出走順を決めるのかね?
受付の所要時間は10分にも満たないってのもあり、モヤモヤした気分のまま会場を後にする。

その後、東明公園に設けられた駐車場を確認する。全部で4つ駐車場が設けられてはいるのだが、
トータルの参加者は400人を超えている。
仮にその半分が車で来たとしても、到底受け入れらるようなスペースはなさそうだが……。
こりゃ当日は自宅を早めに出て、6時半まで入れる第1駐車場(スタート場所から最も近い)に滑り
込んだ方がよさそうだ、との結論に至る。
そのままユルユルと札幌へ戻り、自転車屋を巡って必要なアイテム類を購入しておく。
帰宅後、受付で渡されたパンフを見てみる。
いや、一応会場でそれとなく見たのだけど、改めて読んでみると……公式サイト及びFacebookで
公開されている情報と、パンフ上の記載がかなり異なることに気付く。

【そらちGF、当日】
当日、4時起床。
a0186647_10312536.jpg
自分のロードバイクと相方のクロスバイクの他、風呂道具・着替え等を車に積み、高速を飛ばして
予定通り6時半前に現地へ到着。
時間が時間なので第1駐車場に難なく滑り込む。ここでは誘導員が付いていたのが幸いした。
既に50台近い車が駐車場にいて準備を進めている。
a0186647_13464641.jpg
自分たちも自転車を降ろして組み上げ、携行品の準備を終える。
スタート前の補給代わりにと事前にセイコーマートで買ったおにぎり2個を平らげる。
その間にも続々と集まる車・車・車……。
本格的な恰好をしたサイクリストにカッコいいバイクの数々。
不安や不信はあれど、こうなれば嫌でも気分は盛り上がるわけで。
多少の不安はこの勢いで流してしまえばいいのだろう。
きっと、スタートして走りだせば、嫌なことも不安なことも景色と一緒に流れていくんだろう。
自分の不安や不信は、取るに足らないものだと感じさせてくれるんだろう。
そんな微かな期待を抱きながら、組んだ自転車の調子を見るために相方と共に軽く東明公園を一周。
そのまま160㎞の開会式を眺める。
a0186647_10334353.jpg
知り合いに声を掛ける等する。さとさん、今日もお疲れ様です…。
開会式が終わり、160㎞がスタート。
ゲストの田中選手も颯爽とスタートを切る。すげーカッコいい。
a0186647_10341260.jpg
100㎞のスタートはその1時間後である。正直、やることがないので手持無沙汰になる。
しゃーないので、参加者さん自慢の自転車を見て楽しむ。
うおー、リドレーにFFWDのF6Rって超カッコイイんですけど!
あー、チームスカイのジャージだ。やっぱオシャレだよなーあのデザイン。
あっちにはエディ・メルクスのロードが!初めて見た!
スペシャライズドのターマック……それお幾ら万円ですか…。
クローバーのマーク…あ…こるなごですか……。
ん?弱虫ペダルのジャージ?若いおなごがキャッキャ楽しそうにしてる。
しかし長くは続かない。やや間延び気味なので眠気が襲いかかる。
が、やっぱり気になるのはスタート順だ。当日受付している人もチラホラ見かけたが、
実際にはどうなるんだろうかね。

【スタート前…】
100㎞のスタートが近づき、スタート位置へ並ぶよう指示が出る。
その時、運営から「ハガキに色が付いていること」「色は人によって異なる」ことが
発表される。ふむ、確かに自分と相方のハガキには黄緑色のマーカーが引かれている。
a0186647_10431707.jpg
これは全部で5色?あるらしいが、とりあえずその色に順番が決まっているらしい。
その色グループにおいて5人1列で並び、スタートは2列(10人)毎に行うのだとか。
緑は5色中、最も後ろのグループ。
確かにこのイベントはロードレースではないから、一斉スタートすると危険である。
なるほど。
……なるほど?

オーケー、チョットマテ。
ってことは前日受付でも当日受付でも関係ない?
ハガキに付されたマーカーの色だけで出走の位置が決まってしまうってこと?
それとも、事前情報通り、当日受付はハガキの色は関係なく後列スタート?
ただ、そんなことをしてる誘導員は見あたらないけど?
誘導がないから何となしにみんな並んでるように見えるけど?
誰がいつ受付したのかって識別することなど不可能ですけど?
当日受付した人をどうやって認識して誘導するの?
挙句、運営は
「ハガキについてた色が分からないならいいです」
とまで言ってますけど?
ええと、前日受付の意味って何?
当日受付をした人でも、ハガキの色次第で前列スタートする人いるんじゃ?
わざわざ前日に時間を割いて美唄まで行ったんですけど?
ねぇ、もう1回言うけど、前日受付の意味って何?
……と、かなりモヤモヤした気持ちを抱えながらスタートを待つ。
この時点で何だかヤル気が……。

だいぶ後ろに並んだってこともあって、先頭からは10分以上離れただろうか。
a0186647_10490441.jpg
これでもかなり進んだあたりで撮った1枚。
先頭がどれくらいで飛ばしてるかは分からんけど、ま、グルメフォンドのFacebookに
「速度を競うイベントではありません」とあるわけで。
こちとら相方もいるし、ゆっくり走るとしましょうか……。

【スタート~第1エイドへ】
いよいよスタートの順番になる。例の弱虫ペダルのジャージを着たうら若き女性4人に
男性3人組+単独男性1人+うちら2人の組み合わせとなった。
タイミングの問題か、先頭に出てしまう。しまった。相方以外と走ったことがないので、
どれくらいのペースが適当なのか分からないが……とりあえず21~22㎞/hでまったりと。
東明公園を出てからはしばらく南下し、南美唄に入るところで登り坂となる。
序盤も序盤なのでユルく登り、南美唄郵便局近くで住民の皆さんの声援を受ける。
あぁ、何か声援を受けるのっていいね。
大きいイベントだとこうなるのか。

が、このまま気分良く速度を上げてもいられない。
相方がどの辺りにいるのか気になったので、集団の半ばまで下がる。
同時スタートした男性3人組に先へ行って貰い、後方を確認すると弱ペ女子の後ろにいる。
10人の最後尾?だが、細かなアップダウンが続くことから相方が少々遅れ気味である。
あの人、登りが苦手だからなぁ……登りの練習させとくべきだった。
少々キツめの登り手前で相方と合流するが、体調は問題はなさそうだ。
しばらく一緒に走るが、20km地点にある第1エイド前の坂で相方がやはり遅れる。
ここは仕方ないので先行。
快調に下りを楽しんだ先、エイド手前で再び合流してエイドへと滑り込む。

【第1エイド……何もないんですけど?】
多くの参加者で賑わっていた。
まだ始まったばかりなのに、結構疲れてる人いるが…大丈夫かね?
事前情報によると、ここで供される補給食はワインプリン、岩見沢音頭(カステラ)、
ばらまつり(クッキー)、ばらバウムクーヘン、バラ水、ブルーベリー。
モリモリ食べてゆっくりしましょう。
a0186647_11004840.jpg
相方は到着早々にトイレへ行ったので、自分は先にテントで配られている補給食を見る。
テーブルの上には、スポーツドリンク、お茶、ミニトマト、バナナ……だけ?
アレ?
プリンやカステラは?
テントの裏側にあるのかな?テントの反対側へ回る。
アレ?
何もない?
え?
これで終わり?
……?
ここ、エイドで間違いないよね……?
a0186647_11100922.jpg
間違いはないようだ。
えーと……次のエイドは55㎞地点の岩見沢公園だ。ここから35㎞ある。
普段から補給なしで60㎞程度走ってるから、自分は問題ないっちゃないけど……。
スポーツドリンクとお茶はまぁ分かる。
分かるが、食べられるものがミニトマトとバナナだけしかないんだけど?
イベントとしては、さすがにコレはダメじゃないのか?

トイレから戻った相方は、エイドの状態を見て結構オカンムリ。
そりゃそーだ。この人バナナ食べられないもの……って問題じゃなくて、何もないのだ。
とはいえ少しでも腹に入れておかねば。
ってことでミニトマト。地元産かね。採ったばかりなのか、結構甘い。
けど、これだけではエネルギーにならん。
相方には申し訳ないが、バナナを切ったもの2つ頂く。
正直、足りない。グルメの言葉につられて補給食は持参してない。
何がグルメだよ。

備え付けのイスで休憩。
辺りを見渡すと、テントの下に「ワインプリン」と書かれたスチロールが置いてある。
なるほど、出てないってことはカラなんだな。
ってことは、プリンは人数分ないんだな。
カステラも見当たらない。
クッキーもないよ。
バウムクーヘンは?
出てないってことはカラなんだな。
ってことは先着何名様までってことか。

スタートが早ければ楽しめるってことだよね?
スタートが遅ければ苦しいだけだよね?
スタート順がハガキの色で決まるなんて、スタート直前の話ですけど?
事前の説明も情報公開も何もありませんでしたけど?
コレ、「速度を競うイベント」じゃないんだよね?
参加者分の用意がないのはどうなの?
これで同じ参加料だとしたら、不公平だわ。
言わないけど、ホントに金返せレベルだよ。
20km地点、全体の5分の1だってのにこんな気分にさせるのってどうなのよ、運営。

参加者の一部から
「グルメフォンドって言ってるのにコレかよ」
と独り言のような失笑が聞こえた。あぁ、同じこと思ったよ。
そしてここで
「当初の計画は200人だが、無理に300人にした」
ってことと、
運営がまともに回ってない」
ことと、
エイドで供される食料が参加者分用意されていない」
ことを確信。
不安は不信に変わる。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Rufard | 2014-08-25 11:15 | サイクルイベント | Comments(0)